連載中止で炎上騒動の問題作「君に愛されて痛かった」の完全無料ネタバレ感想・お得情報をまとめます。

君に愛されて痛かった 完全無料ネタバレブログ

 

中学時代のトラウマが原因で

援助交際で承認欲求を満たす日々を送っていた女子高生・かなえ

ある日、合コンで知り合った他校の男子・寛ほのかに恋心を抱くのだが、

それが、凄惨な悲劇の幕を開けてしまう──。

 

↓まずは無料試し読みをどうぞ(*^^*)↓

>>まんが王国で無料試し読みしてみる<<

(TOPページに飛ぶので【君に 愛され】で検索すると、すぐに読めます♪)

 

 

 

君に愛されて痛かった どんな作品なの?

 

この「君に愛されて痛かった」は、知るかバカうどん先生最新作

 

 

いじめの問題や、それに対する報復、援助交際、ドロドロした人間関係、暴力etc

 

 

あまりにも表現が過激すぎて、連載中止になるほどの問題作で、

 

 

 

今は、まんが王国で、続きが先行配信中なんです。

 

 

読んでて胸糞感がやばいんですけど、それがクセになるのか、続きがめちゃ気になる漫画で、

まんが王国のランキングでもずっと上位にランクインしている人気作なんです。

 

 

 

 

作品名 君に愛されて痛かった
作者 知るかバカうどん
配信元 まんが王国
価格 100円/1巻

 

 

↓無料試し読みはこちら

君に愛されて痛かったを無料試し読みしてみる>>

(TOPページに飛ぶので【君に 愛され】で検索するとすぐに読めます♪)

 

 

 

 

君に愛されて痛かった あらすじ

 

 

主人公のかなえは女子高生

 

 

 

中学時代に受けたひどいイジメを受けたことがトラウマになっていて、

 

 

 

高校でも同級生の顔色ばかり伺ってしまう性格。

 

 

 

 

普段の生活では得られない承認欲求を、援助交際をすることで満たす日々を送っていました。

 

 

 

 

そんなある日、カラオケ合コンで知り合った他校の男子・に、

 

 

 

援助交際の現場を見られてしまいます。

 

 

 

かなえは、寛がそれを皆にバラすんじゃないかとビクビクしていましたが、

 

 

寛はかなえに対して、終始優しくし続けたため、

 

 

 

かなえは、寛に恋心を抱くようになるのですが、

 

 

 

 

これが、悲惨な結末を招くことに──!?

 

 

 

↓無料試し読みはこちら

君に愛されて痛かったを無料試し読みしてみる>>

(TOPページに飛ぶので【君に 愛され】で検索すると、すぐに読めます♪)

 

 

君に愛されて痛かった みどころ

 

 

この作品のみどころは、

 

普段生きていて自分たちがあまり見たくないような、

 

 

人間のドロドロした部分を見せつけられるようなえエグい描写ですね。

 

 

 

 

かなえの異常とも言える

イジメのトラウマ

愛されたいという想いが、

物語の原動力なんですが、

 

 

読んでてえげつなくて、マジでたまらないです。

 

 

 

人間の嫌な部分を煮詰めて、濃縮した物を読んでいる感じがするのに、

 

 

エンタテイメントとしてしっかり読ませる内容になってるのは

 

 

知るかバカうどん先生の才能なのかなと思っちゃいました。

 

 

 

そのくらい、この漫画はすごいと思うし、オススメなんです。

 

 

 

 

↓無料試し読みはこちら

君に愛されて痛かったを無料試し読みしてみる>>

(TOPページに飛ぶので【君に 愛され】で検索するとすぐに読めます♪)

 

 

 

君に愛されて痛かったを配信しているまんが王国って?

 

 

この「君に愛されて痛かった」は、現在まんが王国という電子書籍サイトで先行配信中です。

 

 

 

このまんが王国は、大手電子書籍サイトで、いろんな種類のまんがが楽しめます。

 

 

 

大手サイトだから、セキュリティ面でも超安心ですし、

 

 

キャリア決済やLINEで簡単に登録できるから、すぐにまんがが読めちゃいます

 

 

 

この「君に愛されて痛かった」は、1話あたりたった100円なので、とってもお得です。

 

 

君に愛されて痛かったをまんが王国で読んでみる>>

(TOPページに飛ぶので【君に 愛され】で検索するとすぐに読めます♪)

 

 

もし興味があれば読んでみてください♪

 

 

 

 

投稿日:

Copyright© 君に愛されて痛かった 完全無料ネタバレブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.